MINAGWA SOY SAUCE SHOP

あなたをお金持ちにするテクニックはモデリングで誰でも使える! ニューロ言語プログラミングで成功者へ

2019/07/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたをお金持ちにするテクニックはモデリングで誰でも使える!  ニューロ言語プログラミングで成功者へ

 

ラポールがあれば、自分の欲しいものを手に入れやすくなります。

成功することにも、お金を得ることにも役立ちます。

ラポールの状態は、人と一緒にいるときに、自然に現れています。

仲の良い人達の飲み物を飲むタイミングが同じだったりすることなどに見て取れることもあります。

お金持ちになる成功者は、有能なコミュニケーターであることが多いです。

コミュニケーションを通じて、ビジネス上の数々のアウトカムを達成していくことで、膨大なお金を手にいれて、多くの人が成功者になっています。

アウトカムとは、出力結果を元にして獲得した成果・効果という意味です。

あなたも成功を目指すなら、ビジネス上のコミュニケーションをする時に意識してみてください。

ラポールがある場合は、コミュニケーションのアウトカムに向かって進み、欠如している場合は、意識してラポール構築をしてください。

有効なコミュニケーターがやっている結果を生み出す『違いを生む違い』として、ラポール状態を作って、維持していることが挙げられます。

そういったことをモデリングし、誰でも、有効なコミュニケーターになる為に、ニューロ言語プログラミングでは、ラポール構築テクニックを学びます。

ニューロ言語プログラミングを学ぶことで、コミュニケーションの目的を達成する為にラポール状態を意図的に作ることができます。

コンサルタントなど、クライアントから「~にしたい」「~になりたい」という相談を受けます。

そういった依頼を受けることは、「リーディングして欲しい」と依頼されているとも言えます。

スポンサーリンク


クライアントが、現状から望む状況になることの手伝いは、現状から、望む状態にクライアントをリーディングする介入をすることですから。

コーチングや、ファシリテート、セールスも、リーディングと捉えることができます。

ラポールとは、波長が合う、ウマが合うという状態だとイメージしてみましょう。

ラポールの状態は、ペーシングにより作りだせます。

ペーシングとは、相手とペースを合わせることです。

ラポール状態を作り、維持するのは、リーディングをする土台となります。

リーディングは、望ましい地点へ相手をリードしていくことです。

ニューロ言語プログラミングは、エクセレンス(卓越)をモデル化にするものだと言われています。

卓越したパフォーマンスの『違いを生む違い』をモデル化ことで、最小の手順で卓越した結果を実現することも可能です。

コミュニケーションのハイパフォーマーが行うリーディングには、ほとんどの共通点として、ラポールを作ることがあると考えられます。

ラポールを作ることを誰もが再現できるレシピがあれば、誰でもエクセレンスなことができるようになると考えられています。

ラポールを構築するペーシングのやり方として

◆マッチング
◆ミラーリング
◆バックトラッキング

というものが挙げられます。

ニューロ言語プログラミングを学び、ペーシングからラポール状態を作り出し、ラポール状態を維持する経験を重ねていくといいですね。

ラポールに関するスキルが、ギア サード、ギア フォースになることを目指しましょう。

それがリーディングを成功させる為です。

あなたがお金持ちになり、成功者になるのに必要なアウトカムをコミュニケーションで達成していきましょう!

セールスも、リーディングの1つと捉えた場合、

売り上げを作る達人を目指す為に、ラポールを学ぶことは重要だと強く感じると思います。

リーディングは、ペーシングによって築き上げた影響力を活用することですから。

相手が心のどこかでリードされたくないと思うと、あなたは、その人をリードすることは難しいです。

そういった場合は、十分にペースを合わせもらうことで、人は快くリードされるものです。

リーディングする為には、ラポールが重要であり、それはビジネスの場面でも同じです。

売上を作ることは、何かをお客さんに提案して受け入れられることが重要ですよね。

こちらから提案した内容を相手が受け入れるのに、ラポールが重要なリソースになります。

セールスの達人と呼ばれる人は、大抵ラポールの達人です。

100人にセールスして、1人しか販売を成功しない人もいれば、

100人にセースルして、30人に販売を成功する人もいます。

これによって、収入に大きな差ができます。

大きな差を生んでいるのは、大抵はラポールを作るスキルです。

良い提案内容や商品、素晴らしいサービスであったとしても、提案や説明を聞いてもらう姿勢になってもらうにはラポールが重要だからです。

相手が100人いれば、多種多様で、いろいろな人のタイプがあります。

いろいろなタイプの人とラポールを構築できるのであれば、より多くの成功が望めます。

ラポールを意図的に学習していない人でも、セールスの達人になっている人がいます。

その場合は、よくあることとして、自分にとってコミュニケーションをとりやすい、得意なタイプの人にセールスが成功しているケースです。

達人の多くは、自分が無意識的にできていることをステップ・バイ・ステップのノウハウ化することができないことがほとんどです。

その為に、どの角度からでも、人に教えるということができません。

学習の第5段階は、自分が無意識でできていることを、他の人が学べるように意識化することができます。

他の人でも同じ結果がでるように、ステップ・バイ・ステップのノウハウ化し、それを伝えることができるのが第5段階(ギア フィフス)です。

ニューロ言語プログラミングを学習してラポール構築スキルをギア サード、ギア フォースにすれば、

セールスの分野でも達人レベルになることは不思議ではありません。

影響力を及ぼすためにはラポールが必要です。

他人に、影響力を及ぼすには、その人とラポール状態にいることが大切!

ペーシング→ラポール→リーディング(変化を起す・影響力を持つ)

影響力の大きさは、収入の大きさにもなりえます。

成功、お金持ちになるのに、ラポール構築スキルは役立ちます。

ニューロ言語プログラミングを学習・練習して、ラポールを築く能力を高めましょう。

ラポールを作る能力は、あなたが加速的に成功者になる為の重要リソースです。

NLPのテクニックを、ギア サード、ギア フォースにすべく、たくさんの経験を重ねていきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ニューロ言語プログラミングでは、学習の5段階という考え方がります。
各段階を呼びやすいように略称として、表現しています。

■学習の第1段階 無意識的無能力
そのことを知らないことを認識していない状態のことを言います。

■学習の第2段階 意識的無能力
そのことを知っているけど、できない状態のことを言います。
このレベルの事を「ギア セカンド」と表現しています。

■学習の第3段階 意識的有能力
やり方を知っていてできる(意識すればできる)状態のことを言います。
このレベルの事を「ギア サード」と表現しています。

■学習の第4段階 無意識的有能力
考えなくてもできる(無意識でできる)状態のことを言います。
このレベルの事を「ギア フォース」と表現しています。

■学習の第5段階
無意識でできていることを、意識レベルに表出させて人に教えられるレベルであることを言います。
このレベルの事を「ギア フィフス」と表現しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特に学習の第1段階である無意識的無能力は非常に危険な状況であると私は思います。
この状況である以上は、第2段階移行へシフトしていくにあたって、大きな壁になるかと思います。

何が分かっていて、何が分かっていないかが分からないでいると、手の打ちようがない状態になってしまいますので、そうならないようにするためには、この点を明確化していくことが重要です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 皆川しょうゆ店 , 2019 All Rights Reserved.