MINAGWA SOY SAUCE SHOP

5月病の原因は食生活とGWの過ごし方にあった!!

2019/05/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

GWが明けて、心配されることは5月病である。

主に新人社員や新入生などがこのような状況に陥る傾向があります。

4月に新年度が始まり、1か月程でGWがやってきますよね。

このあたりになってくると、会社生活、学校生活にやっと慣れてきた感がようやく出始めてきます。

というときにGWが来てしまうと、その感覚がGWの間に鈍ってしまいます。

GWが明けて最初の出社日は、GW気分がなかなか抜けないものですが、これがいつまでも続くと5月病になるリスクが高くなるのではないかと思います。

 

 

5月病って??

新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境の変化に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

また、GWが5月病を起因させているのではないかという説もあります。

 

5月病の主な症状とは?

  • 抑うつ
  • 無気力
  • 不安感
  • 焦り
  • 不眠
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • やる気が出ない(なにをやってもたのしくない)
  • 人との関わりが億劫

 

などといった症状であります。

 

5月病になってしまうと、治すのには時間がかかってしまい、最悪の場合、手の打ちようがないという状況にまで陥ってしまいます!

そうなる前にしっかりと対策をしておきましょう!!

5月病は自分でも気づかないうちになっているものです。

 

スポンサーリンク

 

その対策とは・・・・・

 

GWの過ごし方が重要なカギになります!!

一言でまとめるなら、適度に遊び、適度に休む です。

遊び7:休む3 or 遊び8:休む2 の割合が理想です。

いずれにしても心のリフレッシュになる過ごし方をしましょう!!

 

また、遊びについては遠出するなどの非日常的な要素を入れることをお勧めします。

家にいてばかりでは気がめいってしまうものです。

親しい人や家族と交流するのも効果的です。

 

食生活の見直し

 

必要な栄養素を含む食材を知る

■トリプトファン:肉や魚、大豆製品、牛乳などの良質なタンパク質をたくさん含むもの
■ビタミンB6:青魚、鶏肉、バナナ、さつまいも、パプリカ、かぼちゃ、アボカド、ナッツなど
■炭水化物:ご飯やパンなどの炭水化物をたくさん含むもの。特に玄米ご飯や雑穀入りご飯、ライ麦パン、全粒粉パンが◎

 

決して無理をせず、できる範囲でバランス良く

 

仕事が忙しく、残業が重なってきたりすると、徐々に食事に気を配れなくなりますが、寝る時間や休息時間を削ってまで「一汁三菜」のようなバランスの良い食事を自炊する必要はないようです。形にこだわりすぎず、まずはできる範囲でバランス良い食事を心掛けることが大切です。

たとえば、時間のない中で自炊するのであれば、いろんな食材を一度に摂取できるポトフや、具だくさんのスープ、野菜や肉を放り込んだ焼きそばやスパゲティでも◎。もしコンビニに頼らざるを得ないときは、おにぎりやカップラーメンだけではなく、納豆や豚汁、サラダ、卵料理なども摂るようにする。それだけでもだいぶ栄養素的には改善されるといいます

 

最も大切なのが朝ご飯

 

朝、起き抜けの食事が1日で一番大切。朝ご飯で脳を覚醒させ、効率よくセロトニンが分泌される土台を作ることが重要です。なかなか早起きできず、朝はバタバタしてしまうという人も多いでしょう。

そんな人は、バナナ1本を食べるのでも、ヨーグルトや牛乳を摂取するのでも良いでしょう。テーマとは少しずれるのですが、脳を覚醒させるにはしっかりと朝の太陽の光を浴びることも大切ですので、カーテンを開けて朝食を摂るようにしましょう。

 

ちなみに私は朝食にコーンフレークに牛乳をかけて食べています。 時短でできるだけではなく、歯ごたえがあるので、脳の活性化にはうってつけです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 皆川しょうゆ店 , 2019 All Rights Reserved.