MINAGWA SOY SAUCE SHOP

車の芳香剤 皆さんのお好みは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

芳香剤の種類と概要

一口に車の芳香剤といっても匂いの種類をはじめ、様々な種類があります。

  • 置き型の芳香剤
  • スプレー型の芳香剤
  • エアコンの吹き出し口につけるタイプの芳香剤

などがありますが‥自分は「BLANG」のというメーカーのゲルタイプ(ゼリー状)の瓶の置き型の芳香剤が好きです。

↑使用済みの写真でごめんなさい

匂いだけではなく、ゲルの色もお洒落で、車のインテリアにとてもマッチしています。

自分の愛用している車の芳香剤の色は青ですが、他にも白や紫など様々な色があります。

瓶タイプの芳香剤は、匂いだけではなく、眺めて楽しむのもいいかもしれませんね。実際に自分も眺めて楽しんでいます。

 

初めての芳香剤の出会いは初恋だった

自分ははじめて芳香剤と出会ったのは、幼少時代にさかのぼります。 当時、叔父の車に瓶タイプの芳香剤がついていました。銘柄などの種類は不明ですが、とても居心地のいい匂いで、ずっと車に乗っていたい気持ちになったことを覚えています。実際に叔父の車で出かけるときに、芳香剤の匂いを嗅ぐのも一つの楽しみでした。

しかし、自分の親の車には、昔から芳香剤はつけていません。親に理由を聞くと、芳香剤の匂いを嗅ぐと、頭が痛くなるというとのことです。

確かに匂いの好き嫌いは誰にでもあると思います。

ちなみに自分は、甘い匂いのする芳香剤の匂いが嫌いで、嗅ぐと頭が痛くなります。それだけではなく、他の匂いの芳香剤と比べて、虫などがたかってくるイメージがあり、好きではありません。例えば、お菓子の食べくずを床にボロボロとこぼしているとアリがたかってきますよね。それと同じ感覚です。

 

スポンサーリンク

新しい芳香剤との出会い

最近、自分は雑誌の懸賞で車用の芳香剤をGETしました。それも、いつも愛用している「BLANG」ではなく、「AIR SPENCER」のヒーリングシャワー(上写真)という芳香剤です。「BLANG」の瓶タイプとは違い、こちらは、缶詰の形をしたタイプの芳香剤で、上側と下側2カ所に開けるところがあります。これは、匂いが弱くなった時に下側も開けることが出来るというとのことです。自分は初めて使う物で、合うものかわかりませんが、たまには、違う匂いも味わうのもとてもいい経験になりそうです。

しかし、缶詰タイプの芳香剤のため、瓶タイプのように眺めて楽しむことは出来ませんが、その分、匂いで楽しむことができたらいいなと思います。自分は今後も様々な種類の芳香剤を試していき、芳香剤を極めていきたいと思います。 芳香剤はロマンです。

みなさんも様々な種類の芳香剤を楽しんでみてはどうでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 皆川しょうゆ店 , 2019 All Rights Reserved.